資本主義の暴走を生き残るには

田原総一朗、佐藤優、宮崎学(2015)『「殺しあう」世界の読み方』アスコム 宮崎 田原さんも僕も早稲田大学だけど、いまや早稲田も金持ちの子弟しかいけなくなりつつある。 田原 昔は、役人だけは貧富の差なんて関係ない、貧乏で … 続きを読む資本主義の暴走を生き残るには

江戸時代の読書熱は現代以上?

鈴木俊幸(2007)『江戸の読書熱 自学する読者と書籍流通』平凡社 普通のことはあっという間に忘れ去られてしまう。際だった特色を有する思想が盛られている書籍でもなく、多くの門弟を擁して学派を形成したよう人間の著作でもない … 続きを読む江戸時代の読書熱は現代以上?

AKB、村上春樹、宮﨑駿から見える世相

佐藤優、斎藤環(2015)『反知性主義とファシズム』金曜日 佐藤 だから、沖縄の中で『風立ちぬ』がどういう感じなのかっていうことは面白いと思うんです。 斎藤 普通に感動できなくはないでしょう。まあ、カタルシスはないですけ … 続きを読むAKB、村上春樹、宮﨑駿から見える世相

資料のない歴史を書いた本

アラン・コルバン / 築山和也 訳(2014)『知識欲の誕生 ある小さな村の講演会1895-96』藤原書店 一八九五年に教師の話を聞きにやって来たモルトロールの大人たちが読書の習慣を持たなかったことは明らかであり、読んで … 続きを読む資料のない歴史を書いた本

資本主義で搾取され続ける我々の上手な生き方とは

佐藤優(2015)『いまを生きる階級論』新潮社 賃金というのは天井が意外と低いところにあるんですね。だから、これまた何度もいうように、残業を300時間して、死ぬまで働くってやったところで、そこで入ってくる賃金は本質的には … 続きを読む資本主義で搾取され続ける我々の上手な生き方とは

格差社会を生き延びるために

副島隆彦、佐藤優(2015)『崩れゆく世界 生き延びる知恵』日本文芸社 副島 きっと次の大統領はヒラリーか、あるいは別の女性でしょう。大きな流れで、次は女性と決まっているようです。ヒラリーが、”女性の時代”を、盛んにブラ … 続きを読む格差社会を生き延びるために

反知性主義者に勝つためには

佐藤優(2015)『知性とは何か』祥伝社 反知性主義を大雑把に定義するならば、「実証性や客観性を軽視もしくは無視して、自分が欲するように世界を理解する態度」である。(本書 p.16) 英国政府がウェブサイトに掲載した「ス … 続きを読む反知性主義者に勝つためには

異端児が硬直化した社会を変える

佐藤優(2015)『ケンカの流儀』中央公論新社 中瀬 なるほど。佐村河内氏が助かったのは、小保方晴子さんが出てきたから。 佐藤 その前の、みのもんたさんは……。 中瀬 佐村河内氏に救われた。自分が助かるには、次の「生贄」 … 続きを読む異端児が硬直化した社会を変える