理不尽な世の中を生きる最強の働き方

だから多少嫌味をいわれようが嫌だろうが、会社を辞めてはいけない。問題は構造的で、個人の自助努力によって解決できる域を超えている。 本書 pp.185-186 勤務評定が厳しくなる時代において、自分自身だけで問題を抱えてい … 続きを読む理不尽な世の中を生きる最強の働き方

北朝鮮大使館ナンバー2の給料は月1000ドル以下

金正日から姜錫柱副相にどんな指示があったのか、数時間もしないうちに局長は再びスウェーデン臨時大使を呼び寄せた。局長が臨時大使に告げた内容だ。「ノルウェーで拘束されている人物は張成沢に間違いない。(後略)」 (本書 p.8 … 続きを読む北朝鮮大使館ナンバー2の給料は月1000ドル以下

現代までの哲学の流れを見渡す

世界一わかりやすい哲学の授業 哲学の歴史の概略を学ぶための入門書です。本書では大学の講義のように1章につき一人の哲学者の代表的著作と思想を紹介し、15章からなっています。 第1講 アリストテレス『ニコマコス倫理学』 第2 … 続きを読む現代までの哲学の流れを見渡す

琉球を探検した西洋人

この人々の態度はきわめて温和で、ひかえめであった。注意ぶかく、好奇心がないわけではないが、われわれがくり返してすすめたあとでなければ、決して近づいて見ようとはしなかった。好奇心にかられて我を忘れるような行動ははしたないこ … 続きを読む琉球を探検した西洋人

宮古島の漁師の獲り方、売り方

佐良浜では、魚は漁師と仲買いの固定された取引関係のなかで売買されるため、どの仲買いがどの魚をいくらで買い、小売りにいくらで売ったかという情報は、その日のうちに漁師たちの耳に入る。 本書 p.197 この漁師の語りによると … 続きを読む宮古島の漁師の獲り方、売り方