2019年1月の金正恩訪中記念映画解説

2019年1月7日から10日にかけて、北朝鮮の金正恩 国務委員会委員長が中国を訪問、習近平 国家主席と会談しました。その訪中のようすが北朝鮮国営メディアである朝鮮中央放送で流れました。以下ではその詳細を見ていきたいと思い … 続きを読む2019年1月の金正恩訪中記念映画解説

中国共産党の序列

 中国共産党内の序列はあるのですが、あまり明らかにされません。日本語で比較的まとまっているのはWikipediaの記述です。ここでは最新の情報を随時更新していきます。 中央政治局常務委員会委員(チャイナセブン) 中央政治 … 続きを読む中国共産党の序列

自由に死ねない江沢民

峯村健司(2015)『十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争』小学館 芹が歌った「四季の歌」は中国でも流行し、胡は日本語で歌えるほどの大ファンなのだそうだ。(本書 p.154) (江沢民は)終始ご機嫌な様子で … 続きを読む自由に死ねない江沢民

科挙はカンニング・贈収賄・幽霊まで勢ぞろい

宮崎市定(1963)『科挙 中国の試験地獄』中央公論新社 「年は幾つだ」 「名簿には三十歳と書いてあるはずですが、本当は五十四歳になります」 「何回試験を受けたか」 「二十歳の時に受けはじめて今度で二十何回になります」 … 続きを読む科挙はカンニング・贈収賄・幽霊まで勢ぞろい

北京の永田町・中南海にある秘密の地下鉄

朝日新聞中国総局(2013)『紅の党 完全版』朝日新聞出版 薄熙来事件が中国の権力構造を解明する千載一遇の好機だという確信は、あった。ただ、これほど「第五世代」の人事がもつれ、指導部の混乱が表面化する未曽有の事態を招くと … 続きを読む北京の永田町・中南海にある秘密の地下鉄

中国人は快楽に向かう?

竹内実(2009)『中国という世界-人・風土・近代』岩波書店 -チュウゴクはどうなるのですか。 たしかに、興味のある問題である。 ひとから質問されるまでもない。自分でもすぐには答えが見つからない大きな疑問で、自縄自縛にな … 続きを読む中国人は快楽に向かう?

したたかな中国人の間でよりしたたかに生きるムスリム

中西竜也(2013)『中華と対話するイスラーム 17-19世紀中国ムスリムの思想的営為』京都大学学術出版会 中国と言うイスラーム世界の辺境において、イスラーム世界の中核から比較的孤立した状況のもとで、自らの進行を実践せね … 続きを読むしたたかな中国人の間でよりしたたかに生きるムスリム

学校で教わらない中国の姿

厳家祺、高皋著;辻康吾監訳(2002)『文化大革命十年史』岩波書店 文化大革命十年史 (上) (岩波現代文庫―学術) 文化大革命十年史 (中) (岩波現代文庫―学術) 文化大革命十年史 (下) (岩波現代文庫―学術) 著 … 続きを読む学校で教わらない中国の姿