科挙はカンニング・贈収賄・幽霊まで勢ぞろい

宮崎市定(1963)『科挙 中国の試験地獄』中央公論新社 「年は幾つだ」 「名簿には三十歳と書いてあるはずですが、本当は五十四歳になります」 「何回試験を受けたか」 「二十歳の時に受けはじめて今度で二十何回になります」 … 続きを読む科挙はカンニング・贈収賄・幽霊まで勢ぞろい

異端児が硬直化した社会を変える

佐藤優(2015)『ケンカの流儀』中央公論新社 中瀬 なるほど。佐村河内氏が助かったのは、小保方晴子さんが出てきたから。 佐藤 その前の、みのもんたさんは……。 中瀬 佐村河内氏に救われた。自分が助かるには、次の「生贄」 … 続きを読む異端児が硬直化した社会を変える

知の巨人・レヴィ=ストロースが見た日本

クロード・レヴィ=ストロース 著、川田順造 訳(2014)『月の裏側 日本文化への視角』中央公論新社 日本は自然の富は乏しく、反対に人間性において非常に豊かです。(中略)人々がつねに役に立とうとしている感じを与える、その … 続きを読む知の巨人・レヴィ=ストロースが見た日本

修羅場で生き延びる術を身に付ける

佐藤優(2014)『修羅場の極意』中央公論新社 イエスが、剣によって戦わなかったのは、非暴力の戦いの方が、圧倒的に強いということを知っていたからである。弱いのではなく、強いから剣に頼らなかったのだ。(本書 p.40) 西 … 続きを読む修羅場で生き延びる術を身に付ける

2800円で学べる人類5000年の歴史

マクニール,ウィリアム・H. 著/増田義郎/佐々木昭夫 訳(2008)『世界史〈上・下〉』中央公論新社 十九世紀のなかば、イスラム文明の継承者たちが直面したジレンマは、きわめて単純であった。要するに、イスラム教徒足らずし … 続きを読む2800円で学べる人類5000年の歴史