夢見の訓練を通して全てを悟る

カスタネダ, カルロス 青木保監修・名谷一郎訳(1993)『未知の次元-呪術師ドン・ファンとの対話-』講談社 未知の次元―呪術師ドン・ファンとの対話 (講談社学術文庫)  もうすっかりメスカリトの話は出てこなくなってしま … 続きを読む夢見の訓練を通して全てを悟る

呪術師になった後の世界

カスタネダ、カルロス 真崎義博訳(1974)『呪術師に成る-イクストランへの旅-』二見書房 「それがどんな決断かなんてことは問題じゃない」彼が言った。「どんなことだってほかのことより重大だとか、そうでないとかいうことはな … 続きを読む呪術師になった後の世界

心身二元論の根源

デカルト, ルネ(谷川多佳子訳)(2007)『方法序説』岩波書店 すなわち、このようにすべてを偽と考えようとする間も、そう考えているこのわたしは必然的に何ものかでなければならない、と。そして「わたしは考える、ゆえにわたし … 続きを読む心身二元論の根源

見ることを身につける

カルロス, カスタネダ(真崎義博訳)(1973)『呪術の体験 分離したリアリティ』二見書房 「見ることが他の人になんの影響も与えないってことは?」 「もう言ったろうが、見ることは呪術じゃないんだ。だが人はすぐ混同しおる。 … 続きを読む見ることを身につける

呪術師への第一歩

カルロス, カスタネダ、真崎義博訳(1972)『呪術師と私 -ドンファンの教え-』二見書房 特に学ぶべきことは、二つの世界の裂け目までどうやって行き、どうやってもう一つの世界に入るかってことだ。(p.220) 途方もない … 続きを読む呪術師への第一歩