カテゴリー
レビュー

死は救いか、無か?


中村 じゃあ、むしろ死は救いだと思いますか?

佐藤 それも思わないですね。死によってフェーズ(段階)が変わるということです。ちょうど子どもから大人に変わるのと同じようにね。その程度の感覚です。

本書 p.23

中村 しかし、生きることのほうが苦しいですよ。今回の死の体験で思ったのは、死は絶対的な「無」なんだなってね。つまり、痛くもないし、なんにも感じないわけですから。無感覚なんですよ。

本書 p.105

死ぬほどつらいけど怖くて死ねない、という人は多いと思います。

作家の中村うさぎは心肺停止で「臨死体験」をしました。目の前が突然真っ暗になり、すべての苦痛から解放されたそうです。以前からマンションにいては飛び降りたいと思ったり、もともと死ぬことに恐怖を感じていなかった彼女は、よりいっそう死ぬのは楽と思うようになりました。佐藤優は自殺することはないし、家族と猫のために生きているけれど、おそらく自身は病気で死ぬだろうと述べています。

イスラム教のジハード、ベトナム戦争中の僧侶の焼身自殺など、自殺を完全に禁止していない宗教は多くあります。しかし、現代の日本では自殺はよくないこととされています。拡大再生産を繰り返す(マーケット規模がだんだん大きくなっていく)社会で、自殺者を抱えるとその目的が達成できなくなるからです。

自殺する人としない人の違いは、何か超越的な(神様のような)ものを信じているか。自身の人生が「天と自分」との関係であるかどうかです。そういう発想を持っていると、自分がやったものごとを整理しようという気になるのでは、と佐藤は指摘します。

前回の投稿で指摘した通り、人間が生きる理由は根源的には「あなたは生きなければならない」というトートロジー(同語反復)になります。しかし自分のやったことにたいして時間をかけてでも責任を取ろう、と発想の転換をすることこそが、少しの希望につながるのかもしれません。


カテゴリー
レビュー

現代までの哲学の流れを見渡す


哲学の歴史の概略を学ぶための入門書です。本書では大学の講義のように1章につき一人の哲学者の代表的著作と思想を紹介し、15章からなっています。

  • 第1講 アリストテレス『ニコマコス倫理学』
  • 第2講 デカルト『方法序説』
  • 第3講 ロック『人間知性論』
  • 第4講 ルソー『社会契約論』
  • 第5講 カント『純粋理性批判』
  • 第6講 キルケゴール『死に至る病』
  • 第7講 マルクス『経済学・哲学草稿』
  • 第8講 サルトル『実存主義とは何か』
  • 第9講 レヴィナス『全体性と無限』
  • 第10講 メルロ=ポンティ『知覚の現象学』
  • 第11講 フーコー『監獄の誕生』
  • 第12講 アーレント『人間の条件』
  • 第13講 ロールズ『正義論』
  • 第14講 ノージック『アナーキー・国家・ユートピア』
  • 第15講 サンデル『リベラリズムと正義の限界』

ご覧の通り、古代ギリシャのアリストテレスから始まり、英米独仏とバランスよく哲学者が紹介されています。文章も会話形式になっており、先生が女子高生、サラリーマン、定年後の男性の3人の生徒に教えていく形で紹介されて行きます。これから哲学を学んでいこうとする人が挫折しない程度の分量、難易度になっています。

  • アリストテレス:いかにして人は幸せになるか? -熟慮すべし
  • デカルト:思うことこそ自分の本質 -心身二元論
  • ロック:悟性が単純観念を複雑観念にしていく ーすべては経験から生まれる
  • ルソー:一般意志としてみんなの意見をまとめる ー国民の代表たる政府は国民のもの
  • カント:対象は感性を通して直観になり、直観は悟性に思惟され概念に ー認識の取扱説明書
  • キルケゴール:自己自身から抜け出せないからこそ絶望する -死に至る病
  • マルクス:資本に振り回される労働者を解放し、働きに応じて分配する社会主義、必要に応じて分配を受ける共産主義へ ースミスを乗り越えたマルクス
  • サルトル:実存は本質に先立つ。個人の選択は全人類に対して責任を持つ。 ー一世を風靡した哲学者
  • レヴィナス:他者のおかげでこそ、私は存在する。 ー他者と私の不公平な関係
  • メルロ=ポンティ:身体こそが世界を知覚する。 -デカルトを越えて
  • フーコー:身体的刑罰から精神的刑罰へ ー権力とは何か
  • アーレント:他者を自由な存在として公的空間に迎え入れる ー言論と説得による政治を
  • ロールズ:自由、機会の均等、格差の解消 ー功利主義(最大多数の最大幸福)に代わる正義論
  • ノージック:治安・防衛・司法のみの最小国家を提唱 ーリバタリアンの始祖
  • サンデル:負荷なき自己(ロールズ)から他者の網の目の中にいる自己へ ー市民的共和主義の伝統の掘り起こし

古代ギリシャから現役の哲学者まで、幅広くフォローしているので学びやすいです。一方、哲学者と言って思い浮かべるヘーゲルに対する言及がない、近年のフランス現代思想やドイツ観念論等についての体系的な学習に対するフォローがないなど、これから哲学の様々な流れを理解する方法について言及がなく、その点は惜しく思いました。


カテゴリー
レビュー

オールマイティーなリーダーになるための導きの書


佐藤優(2014)『「知的野蛮人」になるための本棚』PHP研究所

私から見て、一番の「本読み」は、松岡正剛氏です。それから、斎藤美奈子、鹿島茂、立花隆、佐高信の各氏。こうした「本読み」の書いた読書についての本をきちんと読んだほうがいい。(本書 p.8)

図書館は使わないほうがいいと思います。お金はかかりますが、本は本屋で買うことです。(本書 p.15)

出世したかったら『読書の技法』、楽しい会社員生活を送りたければ『人に強くなる極意』を読めばいい。すると本書は?
『読書の技法』に近いですね。(本書 p.334)

『野蛮人の図書室』の改題、再編集。前後に対談が加わっているので、本書の位置がわかりやすくなった。

婚活、労働、そば、ビールからロシア情勢まで、様々の身近なテーマを理解するための導きの手として2冊の本を紹介していく。

本書の目的は「出世したかったら読むべし」と書いてあるとおり様々な出来事に対応できる力の付け方を教えることだ。それにはまず、本書に書いてある出来事を検証できる力をつけたらよい。

冒頭に書いてある本読みを見習うことについては賛成だが、初心者には少し雑だ。松岡正剛、立花隆、佐高信、斎藤美奈子、鹿島茂の5人は確かに本読みだが読み方が違う。読書量や出世のためだったら松岡や立花を読めばいいと思うが、本を読む楽しみを追求するなら鹿島や斎藤がおすすめだ。松岡や立花はすごいし圧倒されるけど冷静に読める。鹿島と斎藤はその熱意に引き込まれて面白そうな世界をもっと見たいと近寄ってしまう。そんな差がある。こうした説明をどこかで少ししておいたら親切に思う。

また、本書で著者は図書室の司書という役割で出ている。図書館は使わない方がいい、と言っておきながら。ここは本屋の店主にでも扮して「ということは…?」「この本も買って読みなさい、ということです」と言ってオチをつけたらよかったのに、と思ってしまった。