世界はドーダで満ちている!

鹿島茂(2007)『ドーダの近代史』朝日新聞社 ドーダ学というのは、人間の会話や仕草、あるいは衣服や持ち物など、ようするに人間の行うコミュニケーションのほとんどは、「ドーダ、おれ(わたし)はすごいだろう、ドーダ、マイッタ … 続きを読む世界はドーダで満ちている!

司馬遼太郎の見た台湾

司馬遼太郎(2006)[1997]『台湾紀行』朝日新聞社 街道をゆく (40) (朝日文芸文庫) 台湾に行く際の勉強のために買った。台湾の国や地域としての歴史というマクロの視点とともに、日本とのかかわりやその中で生きてき … 続きを読む司馬遼太郎の見た台湾