50代は戦略的に働こう


人生の選択は人それぞれなので一概にはいえませんが、いまのような時代、50代のビジネスパーソンであれば、早期退職ではなく定年まで会社に居続けることを優先すべきだと考えます。

本書 p.40

50代以降の人生で意外に重要になってくるのが友人とのつき合い。学生時代からの友人とは、利害関係を超えてつき合うことができます。

本書 p.128

 本書は60歳を迎えようとする佐藤優が自身の経験から50代の生き方を提案する本です。『40代でシフトする働き方の極意』の続きと位置づけられます。

 50代になると体力もなくなり、会社の出世でも先が見えてきます。役職定年や片道出向で給料も下がる場合もあります。若者からは突き上げられ、上司からは絞られる。いっそ早期退職や転職を視野に入れてしまうかもしれません。

 しかし、50代で転職して成功する人はごく一部です。もちろん、心身に影響が出るなど耐えられない場合はやむをえませんが、損得勘定を考えた場合、定年までの数年から10年の間は耐えて忍んで目立たぬように過ごすのが一番、 会社でも出世の限界が見えてるなら、大きなプロジェクトで目立つようなリスクを避けるべきだと著者は説きます。早期退職も同様です。会社員のいいところは決まった時間は仕事をしているため、お金を使わないことです。早期退職で時間ができると、人はついお金を使ってしまいます。損得勘定で考えた場合、転職や退職はしないほうが有利です。

 また、50代にもなると定年後の暮らしを見据えるほか、親の介護や子どもの自立など、これまでとは違った人生の局面が出てきます。そうしたときに頼りになる人間関係は会社の利害関係ではなく、学生時代からの友人関係です。利害関係もなく仲良くなれ、思春期を共に過ごした人たちとはまた仲良く過ごせます。また、いろんな業界に就職した人、すでに親の介護などを経験した人がいることから、さまざまなアドバイスを受けることができます。

 定年後を見据え、仕事中心の人生から自分や大切な人を中心とした人生へとかじを切り始めるのが50代です。備えあれば憂いなし、若いうちから読むに越したことのない本です。