知の格闘技としての名画

高階秀爾(1986)『名画を見る眼』岩波書店 このような新古典主義の「理想美」の美学に対し、ロマン派は、はっきりと人間ひとりひとりの感受性を重んじた「個性美」の世界を対置させた。「美」とは、万人に共通な唯一絶対のものでは … 続きを読む知の格闘技としての名画