理不尽な世の中を生きる最強の働き方

だから多少嫌味をいわれようが嫌だろうが、会社を辞めてはいけない。問題は構造的で、個人の自助努力によって解決できる域を超えている。 本書 pp.185-186 勤務評定が厳しくなる時代において、自分自身だけで問題を抱えてい … 続きを読む理不尽な世の中を生きる最強の働き方