金正日の息子もソ連崩壊を目の当たりにした?


佐藤優(2016)『世界観』小学館新書

ある時この家庭教師が、北朝鮮製のクッキーとキャンデーを持ってきた。筆者が「どこで手に入れたのか」と尋ねると、「北朝鮮大使館でもらった」と答えた。金正日の息子にロシア語を教えているという。(本書 p.196)

教養を身に着けた本物の選良(エリート)になることが、ブラック企業から抜け出す最良の方法だ。(本書 p.272)

 佐藤優の『SAPIO』での連載をまとめたものです。2012年頃~2016年までの原稿をまとめています。

 少し古めに感じる記述もありますが、序文で書いてある通り、事柄の大枠については外していないといえます。

 私はサウジアラビアの石油減産政策は、イランの核開発阻止、アメリカのシェールオイル阻止を狙ったチキンレースだと思っていたのですが、佐藤氏の見立てでは現状でも赤字ではないから今後もしばらく続くだろうとのことでした。このあたりはちゃんと見ている人でないとわかりません。

 中東のイスラム国やイスラエルの他、専門のロシアから中国、北朝鮮に至るまで、佐藤氏は鋭く切り込みます。

 一番役に立つのは、昨今話題のブラック企業についてです。外務省ではルーブルの換金で大使館ぐるみの犯罪にまで加担し、上司による成果の横取りなど当たり前と思っていた佐藤氏ですが、今振り返ると個人の努力次第で実力がついたと語っています。ブラック企業から抜け出すのは、実力をつけるしかないというのは金言です。一方、努力しても実力がつかない人も一定割合で存在します。彼らをどうやって救うかが、今後の日本社会、あるいは政治の課題といえます。

 個人的には、金正日の息子にロシア語を教えている人に、佐藤優がロシア語を教わっていたというエピソードが興味深かったです。どの息子かは分からなかったと書かれてあります。おそらくはその後のソ連崩壊を目の当たりにしたその息子とは、一体、誰のことなのでしょう?