気候のいいカリフォルニアで農耕が誕生しなかった理由


ジャレド・ダイアモンド(2012)『銃・病原菌・鉄(上)1万3000年にわたる人類史の謎』草思社

なぜインカ人は、ヨーロッパ人が耐性をもたない疫病に対する免疫を持ち合わせるようにならなかったのか。なぜ、大海を航海できる船を建造するようにならなかったのか。(本書 pp.147-148)

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

一時、一躍話題になった本書はやっぱり面白い。なぜこんなに面白いのか。それはおそらく以下の点を全て網羅しているからだろう。

  • 身近な疑問を出発点にしている
  • 歴史を俯瞰している
  • 誰もが知っている出来事を扱っている

そもそも歴史を俯瞰して描いた本はだいたいにして面白いのに、それが「人類」の、「1万3000年」に渡る「全地球的な規模」の話だと面白くなるに決まっている。わかっているけどできないことをやってのけたから著者はすごいのだ。なぜヨーロッパ人は世界を跳梁跋扈し、あちこちの先住民を奴隷にしたのか。これは著者がニューギニアであったヤリという青年との会話から着想した疑問である。その疑問を25年かけて解いた著者の努力と誠意に脱帽だ。

人類は他の動物達と同じく、おそらくは狩猟採集民として生きていた。だけどある段階から農耕民へと移り変わる。それは農耕する方が安定的な食料が手に入るから。という簡単な話ではない。確かに単位面積当たり収穫できるカロリーは高い。だけど当時は野生動物もいっぱいいた。動物たちが取れなくなったことと、栽培するに都合がいい植物種がいたから、メソポタミアで農耕が始まり、品種改良も始まった。

現に地球上でメソポタミアよりも農耕するに環境がいい東オーストラリア、チリ、カリフォルニアではすべての条件を満たしていないから農耕民は誕生しなかった。

たまたま誕生した農耕民が、政治機構を育て、世界各地へと散らばっていった。ヨーロッパ人の覇権は偶然得た所与の条件によるものだった。


“気候のいいカリフォルニアで農耕が誕生しなかった理由” への1件の返信

コメントは受け付けていません。