パラオ研究資料集


パラオ研究者(おもに人文社会科学系)の資料集です。

言語

著者出版年書名出版社備考
松岡静雄1930パラウ語の研究郷土研究社http://id.ndl.go.jp/bib/000000770829
坂野徹2019〈島〉の科学者: パラオ熱帯生物研究所と帝国日本の南洋研究勁草書房
青柳真智子1985モデクゲイ —ミクロネシア・パラオの新宗教新泉社
Lewis S. Joseph1990New Palauan English Dictionary (Pali Language Texts : Micronesia)University of Hawaii Press
Lewis S. Josephs1975Palauan Reference GrammarUniversity of Hawaii Press
Rodrigue Levesque, Rodrigue Leresque 1997Series: History of MicronesiaLevesque Publications
坂野徹 著2019島の科学者 : パラオ熱帯生物研究所と帝国日本の南洋研究勁草書房http://id.ndl.go.jp/bib/029722983
今村圭介, ダニエル・ロング 著2019パラオにおける日本語の諸相 = The Japanese Language in Palauひつじ書房http://id.ndl.go.jp/bib/029535413
寺尾紗穂 著2017あのころのパラオをさがして = SKEL A BELAU RA NGARA MONG : 日本統治下の南洋を生きた人々集英社http://id.ndl.go.jp/bib/028379647
風間計博 編2017交錯と共生の人類学 = Anthropology of Minorities : オセアニアにおけるマイノリティと主流社会ナカニシヤ出版http://id.ndl.go.jp/bib/028055855
三田信夫 著2013九十一歳の春 : 母のパラオとアルツハイマー 改訂版ニシダ印刷製本http://id.ndl.go.jp/bib/024239264
小西潤子, 沖縄県立芸術大学 [著]2011パラオにおける日本語歌謡の収集と分析 : 民族音楽学的・言語学的観点から[小西潤子]http://id.ndl.go.jp/bib/026734632
岡谷公二 著2007南海漂蕩 : ミクロネシアに魅せられた土方久功・杉浦佐助・中島敦冨山房インターナショナルhttp://id.ndl.go.jp/bib/000009201633
福元隆俊 企画編集2007微生物管理実務と最新試験法技術情報協会http://id.ndl.go.jp/bib/000009147695
2007パラオ-ふたつの人生鬼才・中島敦と日本のゴーギャン・土方久功世田谷美術館http://id.ndl.go.jp/bib/000009210451
三田信夫 著2006九十一歳の春 : 母のパラオとアルツハイマー文芸社http://id.ndl.go.jp/bib/000008043025
崎山理 編2003消滅の危機に瀕した言語の研究の現状と課題国立民族学博物館http://id.ndl.go.jp/bib/000004174965
須藤健一 監修 , 倉田洋二, 稲本博 編2003パラオ共和国 : 過去と現在そして21世紀へおりじん書房http://id.ndl.go.jp/bib/000004174474
遠藤央2002政治空間としてのパラオ : 島嶼の近代への社会人類学的アプローチ世界思想社http://id.ndl.go.jp/bib/000003598307
マルウ L. セイソン 著 , グアム新聞社, 樋口和佳子 訳200-草の根から : クニヲ・ナカムラの半生 : 31年間の公人としての人生を振り返ってパラオ共和国http://id.ndl.go.jp/bib/027616862
マンディ・エピソン 著 , オフィス野村 訳1994パラオ : portrait of paradise正和企画出版舎http://id.ndl.go.jp/bib/027621311
高山純1993江戸時代パラウ漂流記 : 新史料の民族誌的検証三一書房http://id.ndl.go.jp/bib/000002283783
1990土方久功著作集 第1巻 (パラオの社会と生活)三一書房http://id.ndl.go.jp/bib/000002060041
土方久功1985パラオの神話伝説三一書房http://id.ndl.go.jp/bib/000001780604
青柳真智子1985モデクゲイ : ミクロネシア・パラオの新宗教新泉社http://id.ndl.go.jp/bib/000001733678
立沢正雄1980戦雲に消えたパラオ放送局エイジ出版http://id.ndl.go.jp/bib/000001492843
山路広明 編1978パラウ語集[山路広明]http://id.ndl.go.jp/bib/000001408237
山路広明1978パラウ語形態論[山路広明]http://id.ndl.go.jp/bib/000001408236
太平洋協会 編1944太平洋圏 : 民族と文化 上河出書房http://id.ndl.go.jp/bib/000000666666
ゲオルグ・ブシャン 著 , 小堀甚二 訳1944南太平洋の民族と文化聖紀書房http://id.ndl.go.jp/bib/000000675492
今西錦司 編1944ポナペ島 : 生態学的研究彰考書院http://id.ndl.go.jp/bib/000000669411
倉橋弥一1943孤島の日本大工 : 杉浦佐助南洋綺譚文松堂書店http://id.ndl.go.jp/bib/000000658545
南洋経済研究所 編1943パラオ朝日村建設年表南洋経済研究所出版部http://id.ndl.go.jp/bib/000000626502
1943パラオ朝日村建設座談会記録南洋経済研究所出版部http://id.ndl.go.jp/bib/000000623478
土方久功1942パラオの神話伝説大和書店http://id.ndl.go.jp/bib/000000664460
南洋群島教育会 編1938南洋群島教育史南洋群島教育会http://id.ndl.go.jp/bib/000000727350
海外研究所 編1938現代沖縄県人名鑑海外研究所http://id.ndl.go.jp/bib/000000712076
1938皇國南方経綸ノ黎明 : 南洋群島概觀南洋廳長官官房調査課http://id.ndl.go.jp/bib/000007988063
1938南洋群島教育史南洋群島教育会http://id.ndl.go.jp/bib/000001184758

Palauan Reference Grammar

パラオ語の初の網羅的な文法書。中古市場では年々値段が上がっており、現在は実質入手不可能(2019年現在、15万円~22万円)。これほど需要があるのだから、ハワイ大学出版社も再版を考えてくれたらいいのに、頑なに出してくれない。

 

New Palauan English Dictionary

パラオ語・英語辞書