京都では狸も天狗も駆け引き中

森見登美彦(2015)『有頂天家族 二代目の帰朝』幻冬舎 「ぱおんぱおん、どうしたことか?」  私は長い鼻をあげて西の空を見た。  滑るように春の空から舞い降りてきたのは、ひとりの英国紳士であった。(本書 p.24) 前 … 続きを読む京都では狸も天狗も駆け引き中

異様な知性が生まれた理由

佐藤優(2014)『先生と私』幻冬舎 2日後、団地の集会場で行われた告別式には、数百人が集まった。(中略)僕は、心の片隅で「ライバルがいなくなってほっとした」と思った。「何てことを思っているんだ」と僕はその気持ちをすぐに … 続きを読む異様な知性が生まれた理由